基礎工事・JIO検査・コンクリート打設/バラと暮らす12ヶ月の家

バラと暮らす12ヶ月の家の現場レポートをお届けします!

こちらは、地盤から上がって来る湿気を防ぐ「防湿シート」が施工されたところ。

基礎コンクリートの型枠、外周部分を施工しているところ。

鉄筋の施工がひと段落したタイミングで、他の工事に関連する作業も仕込まれていきます。

こちらは、アース棒を地面に埋めているところ。今回の担当は土本電気工事所さんです。 

こちらは、鉄筋に配管用のスリーブを設置して、基礎を貫通する給排水管の経路を確保しているところ。今回の担当は山下管工開発さんです。

施工された配筋の状態を、まずは社内検査&記録していきます。

こちらは、土間の被り厚を確認しているところです。

JIOによる基礎の配筋検査。鉄筋の太さや配置する間隔、継ぎ目部分の重なり長さなど、細部に渡って確認した上で写真を撮影して記録を残していきます。

無事に検査に合格する事ができましたので、基礎底面のコンクリート打設が行われました。

前の記事

上棟/四角で彩る家